委任状 書き方

「委任することを証明する書面(委任状)」は、必ず本人が直筆で作成してください。ワープロなどで作成する場合は、申請人と代理人の名前・住所は、申請人の自筆で書いてください。
 特に定まった書式はありませんので、見本を参考に便せんなどで作成してください。
 ただし、下の3つの要件を充たす必要がありますのでご注意ください。
(1)本人の住所・氏名(署名)・生年月日、本人の登録印鑑
外国人で通称名を登録している方は、本名(本国名)と共に併記してください。
また、登録印鑑を失くしたときの廃止届や、印鑑登録関係以外の委任状では、本人の別印で構いません。
(2)委任事項(本人が何の手続を代理人に頼んだか)が判るような一文
 ●例文(手続きに合わせて参考にしてください)
 「私の印鑑登録の廃止と登録申請について、代理人の○○に委任します。」
 「私の戸籍謄本の交付請求について、次の者に委任します。」
(3)代理人の住所・氏名・生年月日